🔴隙間時間拡大、探し方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
Pocket

 

  • 🟧すきま時間の見つけ方→ →有効な方法があります。

  • 🔴毎日ルーティンを洗い出す

  • すきま時間の見つけ方→ →有効な方法があります。
  • 毎日必ず行っているルーティン作業をリストアップしてみてください。
  • そのルーティン作業の前後、始まる前やった後に1分2分時間が取れないかを検討してみる。
  • 待ち合わせとか予定の時間が決まっていたら予定より早く5分10分前にそこに到着するようにする。そうすることによってそこにすきま時間を作り出すことができる。
  • すきま時間と言うとできてしまった時間のようなイメージがありますがすきま時間をルーティンタイムの間にねじ込むそんなイメージです
  • たとえそれが1分であろうと5分であろうと10分であろうとすきま時間として自分の中に認める。イメージする記憶するマークするそんな感じです。
  • ルーティンワークの中に紐付いて着の時間を確保する習慣になればすきま時間が確実に自分のものとしてクリエイティブタイムとして生かすことができる可能性があります。
  • 🔴すぐに行動するためのルール作り

  • すきま時間多くの人がついついスマートフォンとかを見てしまう
  • そのスマホのトップ画面もしくは壁紙にすきま時間にやることをメモしておく
  • あるいはメモアプリTODOアプリにすきま時間にやることをリストアップしておく。
  • 5分でできるもの10分でできるものなどTo Do リストをTo Do リストの作業を細かく分けてみる
  • すきま時間にはルーティンワーク作業よりクリエイティブワーク想像力を働く行動しよう
  • 思考力を使う作業はとかくゆっくりと時間をとってと思うかもしれないが逆に時間の制限があった方が脳みそがフル回転することがよくある。
  • 限られた時間5分10分と言う中でどんなアイディアが出るか自分に試してみる。
  • 5分では何にもできないと言う考え方ではなくて5分で何ができるか自分を試してみる。
  • すきま時間で座ることができる場合はなるべく目の前に時計をおくと良い。
  • オススメはスマートフォンを時計表示モードにしてタイマーを使うかアナログタイプの時計を表示させること。
  • 僕はアナログの腕時計を目の前に置く事を常としている。
  • ルーティンワークの中に時計を設定するということをバッターボックスに入るバッターみたいな儀式とするのだ。
  • 儀式とすることによって意識が切り替わり集中力が増す可能性がある。
    • 🔴すきま時間に何をするのかすきま時間の行動

  • 1番のオススメやっぱり音声入力。
  • 手書きのメモにメモを走り書きしてみる。
  • 手書きもしくはスマホのマインドマップを描いてみる。
    • ●すきま時間は1分1秒を大切にしたいのであらかじめ準備下準備をしておく。
    • 🔴今までのイライラしていた時間、無駄に過ごしていた時間が次から次とクリエイティブタイムに変化していく。

    • ●ちょっとした時間、あー暇だなー、この言葉を発した時それが最高の時間へと変化する。
      • 毎朝ホームで電車を待っているわずか2分3分の時間かもしれない。
      • 2駅から3駅ぐらいしか電車に乗らないわずかな時間でもそこに何ができるか準備しておく。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。