アプリの選定基準➡️メモアプリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
Pocket

 

    • 🔴スマホで脳みそを解放

      • 助けてスマホえもん
      • いつも机の上が乱雑になりがち
      • パソコンのデスクトップも書きかけのテキストが散逸しがち
      • この記事いいな。このTwitterいいなぁと思ったものブックマークメモしてもどっかに行ってしまう
      • この本のこの箇所覚えておきたい後でメモを取ろう読書メモを取ろう
      • えーっとあの保証書はどこにいったっけあのマニュアルどこいったっけ
      • 確かあれEvernoteに入れたんだけどなぁどこいったかなぁ見つからないなぁ?
      • とりあえず写メを撮っておけば後で見返せると思ったがそれが見つけられない
      • でも、ごちゃごちゃしてどうにもならないんだよー!ドラえもん助けててな感じ
      • よーしスマホとパソコンを連携させて、がしがし、メモを取るぞ。データベースとして有効活用するぞ!!!けど機能多すぎてようわからん
      • アプリストアでメモ帳に記帳検索したら出てくる出てくる、なんじゃこりゃ状態
    • 🔴比較チェック項目

    • ●メジャー感

      • 世の中には本当に数え切れない、星の数ほどのアプリがあるがその多くがアップデートされずに消滅していってしまう。
      • せっかく自分の脳みその一部としてテキスト化したデータがサービスの終了によりなくなってしまうのは本当に辛いものだ
      • バックアップを取るなどの対応をするとしてもやはりつのアプリがなくなると再構築するのは非常に手間のかかる作業になる
      • 世の中の企業の寿命なんて知れたものだがやはりそうなってくると基本的にメジャーな会社大規模な会社がやっているアプリを対象とせざるをえない現実がある。
      • とは言え、大手の会社がやってるからといってそのアプリが継続するかそのサービスが継続し続ける日は絶対ではない。
      • 強いて言うならばメジャー感とサクサク感つのバランスメジャー感とお気に入り感のバランスなのかもしれない
      • メジャーでないからといって安心もできないが逆にマイナーなアプリだとしてもユーザに愛されてるアプリと言うものもたくさんある。
      • ユーザのレビューがいつごろのものが最後になっているか、もしくはアプリのアップデートが頻繁に行われているかなどによってマイナーな開発会社のものでもメジャーなものに消して劣らずの素晴らしいアプリは存在する。
      • アプリの名前をTwitterなどで検索してみるのも面白いと思う。
      • そのアプリが気に入ってるユーザが見つかるかもしれないしつのユーザがどんな使い方を知るしているかをわかるかもしれない。
    • 🔴サクサク感

      • どんなにする優れたサービスどんなに優れた道具どんなに優れたアプリであろうと思い立ち上がりが遅いなどなど日常に使うものにサクサク感がないとそれは使う気になれない
      • サクサク感これがアプリを使うモチベーションの中で相当高いことを僕は感じている。
      • 英語で何と言うのかは知らないがこの「サクサク」と言う形容詞とても気にいっている。
    • 🔴ちょっ感

      • 直感もしくはフィーリングそのアプリそのサービスとの相性みたいなものだろうか。
      • 出会い的なものであるかもしれない。
      • その多くはインターフェイスデザイン使った後の感触また使いたくなる気持ちなどなどが含まれた直感である。
      • スマホアプリに関して言えばユーザインターフェースユーザエクスペリエンスの部分が大きな要素として挙げられる
    • 🔴画像添付

      • メモがわりに写メを撮ると言う状況が非常に増えていると思う。
      • 僕の場合は写メはもちろんだがスクリーンショットと言うのもかなりとる。
      • メモに関する情報として画像があるとメモがかなり立体的になると言うメリットもある。
      • メモからウェブ上のリンク画像へのリンクがあれば良いのではと思うこともあるがやはりメモが一緒になると想像力の広がり方がかなり変わってくる。
      • ネット検索でテキストの検索結果とともに画像の検索結果を見る事はないだろうかそれと同じで画像の持っている情報量と言うのは非常に多い。
    • 🔴OCR

      • メモアプリに求めるものを画像添付の機能を入れるとなると欲しくなってくるのがOCR文字認識機能である。
      • さくっと写メに撮って画像データとしてあってもそれが後から探さ探すことが難しければ単なる画像データで終わってしまう。
      • そこであると大変助かるのかOCR文字認識機能である
      • 画像から文字を読み取ってテキスト化してくれる機能があればそのメモアプリの可能性はかなり立体的に広がると思う。
      • 講演会やセミナーなどに行った時に大きな舞台で広げられるプロジェクターの画像を取ってしまえばそこで話に集中することもできる。
      • OCR機能を使って格段に楽になったのが読書メモである。
      • 気になる部分をスマホでサクッと撮影してしまうそして文字読み取り機能により中のテキストを抽出させる。ザッツオール
    • 🔴タグもしくはラベル機能

      • メモが多くなってくるとどうしても必要になるのが分類すると言う作業だ。
      • そこで用いられるのがタグもしくはラベルと言う機能
    • 🔴リピートの為のリマインド

    • 🔴出力、連携、バックアップ

    • 🔴俺のお気に入り

      • Google Keep
      • Todoist
      • リズムケア
    • 🔴実際の使い方

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。