アプリの選定基準➡️メモアプリ

 

    • 🔴スマホで脳みそを解放

      • 助けてスマホえもん
      • いつも机の上が乱雑になりがち
      • パソコンのデスクトップも書きかけのテキストが散逸しがち
      • この記事いいな。このTwitterいいなぁと思ったものブックマークメモしてもどっかに行ってしまう
      • この本のこの箇所覚えておきたい後でメモを取ろう読書メモを取ろう
      • えーっとあの保証書はどこにいったっけあのマニュアルどこいったっけ
      • 確かあれEvernoteに入れたんだけどなぁどこいったかなぁ見つからないなぁ?
      • とりあえず写メを撮っておけば後で見返せると思ったがそれが見つけられない
      • でも、ごちゃごちゃしてどうにもならないんだよー!ドラえもん助けててな感じ
      • よーしスマホとパソコンを連携させて、がしがし、メモを取るぞ。データベースとして有効活用するぞ!!!けど機能多すぎてようわからん
      • アプリストアでメモ帳に記帳検索したら出てくる出てくる、なんじゃこりゃ状態
    • 🔴比較チェック項目

    • ●メジャー感

      • 世の中には本当に数え切れない、星の数ほどのアプリがあるがその多くがアップデートされずに消滅していってしまう。
      • せっかく自分の脳みその一部としてテキスト化したデータがサービスの終了によりなくなってしまうのは本当に辛いものだ
      • バックアップを取るなどの対応をするとしてもやはりつのアプリがなくなると再構築するのは非常に手間のかかる作業になる
      • 世の中の企業の寿命なんて知れたものだがやはりそうなってくると基本的にメジャーな会社大規模な会社がやっているアプリを対象とせざるをえない現実がある。
      • とは言え、大手の会社がやってるからといってそのアプリが継続するかそのサービスが継続し続ける日は絶対ではない。
      • 強いて言うならばメジャー感とサクサク感つのバランスメジャー感とお気に入り感のバランスなのかもしれない
      • メジャーでないからといって安心もできないが逆にマイナーなアプリだとしてもユーザに愛されてるアプリと言うものもたくさんある。
      • ユーザのレビューがいつごろのものが最後になっているか、もしくはアプリのアップデートが頻繁に行われているかなどによってマイナーな開発会社のものでもメジャーなものに消して劣らずの素晴らしいアプリは存在する。
      • アプリの名前をTwitterなどで検索してみるのも面白いと思う。
      • そのアプリが気に入ってるユーザが見つかるかもしれないしつのユーザがどんな使い方を知るしているかをわかるかもしれない。
    • 🔴サクサク感

      • どんなにする優れたサービスどんなに優れた道具どんなに優れたアプリであろうと思い立ち上がりが遅いなどなど日常に使うものにサクサク感がないとそれは使う気になれない
      • サクサク感これがアプリを使うモチベーションの中で相当高いことを僕は感じている。
      • 英語で何と言うのかは知らないがこの「サクサク」と言う形容詞とても気にいっている。
    • 🔴ちょっ感

      • 直感もしくはフィーリングそのアプリそのサービスとの相性みたいなものだろうか。
      • 出会い的なものであるかもしれない。
      • その多くはインターフェイスデザイン使った後の感触また使いたくなる気持ちなどなどが含まれた直感である。
      • スマホアプリに関して言えばユーザインターフェースユーザエクスペリエンスの部分が大きな要素として挙げられる
    • 🔴画像添付

      • メモがわりに写メを撮ると言う状況が非常に増えていると思う。
      • 僕の場合は写メはもちろんだがスクリーンショットと言うのもかなりとる。
      • メモに関する情報として画像があるとメモがかなり立体的になると言うメリットもある。
      • メモからウェブ上のリンク画像へのリンクがあれば良いのではと思うこともあるがやはりメモが一緒になると想像力の広がり方がかなり変わってくる。
      • ネット検索でテキストの検索結果とともに画像の検索結果を見る事はないだろうかそれと同じで画像の持っている情報量と言うのは非常に多い。
    • 🔴OCR

      • メモアプリに求めるものを画像添付の機能を入れるとなると欲しくなってくるのがOCR文字認識機能である。
      • さくっと写メに撮って画像データとしてあってもそれが後から探さ探すことが難しければ単なる画像データで終わってしまう。
      • そこであると大変助かるのかOCR文字認識機能である
      • 画像から文字を読み取ってテキスト化してくれる機能があればそのメモアプリの可能性はかなり立体的に広がると思う。
      • 講演会やセミナーなどに行った時に大きな舞台で広げられるプロジェクターの画像を取ってしまえばそこで話に集中することもできる。
      • OCR機能を使って格段に楽になったのが読書メモである。
      • 気になる部分をスマホでサクッと撮影してしまうそして文字読み取り機能により中のテキストを抽出させる。ザッツオール
    • 🔴タグもしくはラベル機能

      • メモが多くなってくるとどうしても必要になるのが分類すると言う作業だ。
      • そこで用いられるのがタグもしくはラベルと言う機能
    • 🔴リピートの為のリマインド

    • 🔴出力、連携、バックアップ

    • 🔴俺のお気に入り

      • Google Keep
      • Todoist
      • リズムケア
    • 🔴実際の使い方

 

🔴隙間時間拡大、探し方

 

  • 🟧すきま時間の見つけ方→ →有効な方法があります。

  • 🔴毎日ルーティンを洗い出す

  • すきま時間の見つけ方→ →有効な方法があります。
  • 毎日必ず行っているルーティン作業をリストアップしてみてください。
  • そのルーティン作業の前後、始まる前やった後に1分2分時間が取れないかを検討してみる。
  • 待ち合わせとか予定の時間が決まっていたら予定より早く5分10分前にそこに到着するようにする。そうすることによってそこにすきま時間を作り出すことができる。
  • すきま時間と言うとできてしまった時間のようなイメージがありますがすきま時間をルーティンタイムの間にねじ込むそんなイメージです
  • たとえそれが1分であろうと5分であろうと10分であろうとすきま時間として自分の中に認める。イメージする記憶するマークするそんな感じです。
  • ルーティンワークの中に紐付いて着の時間を確保する習慣になればすきま時間が確実に自分のものとしてクリエイティブタイムとして生かすことができる可能性があります。
  • 🔴すぐに行動するためのルール作り

  • すきま時間多くの人がついついスマートフォンとかを見てしまう
  • そのスマホのトップ画面もしくは壁紙にすきま時間にやることをメモしておく
  • あるいはメモアプリTODOアプリにすきま時間にやることをリストアップしておく。
  • 5分でできるもの10分でできるものなどTo Do リストをTo Do リストの作業を細かく分けてみる
  • すきま時間にはルーティンワーク作業よりクリエイティブワーク想像力を働く行動しよう
  • 思考力を使う作業はとかくゆっくりと時間をとってと思うかもしれないが逆に時間の制限があった方が脳みそがフル回転することがよくある。
  • 限られた時間5分10分と言う中でどんなアイディアが出るか自分に試してみる。
  • 5分では何にもできないと言う考え方ではなくて5分で何ができるか自分を試してみる。
  • すきま時間で座ることができる場合はなるべく目の前に時計をおくと良い。
  • オススメはスマートフォンを時計表示モードにしてタイマーを使うかアナログタイプの時計を表示させること。
  • 僕はアナログの腕時計を目の前に置く事を常としている。
  • ルーティンワークの中に時計を設定するということをバッターボックスに入るバッターみたいな儀式とするのだ。
  • 儀式とすることによって意識が切り替わり集中力が増す可能性がある。
    • 🔴すきま時間に何をするのかすきま時間の行動

  • 1番のオススメやっぱり音声入力。
  • 手書きのメモにメモを走り書きしてみる。
  • 手書きもしくはスマホのマインドマップを描いてみる。
    • ●すきま時間は1分1秒を大切にしたいのであらかじめ準備下準備をしておく。
    • 🔴今までのイライラしていた時間、無駄に過ごしていた時間が次から次とクリエイティブタイムに変化していく。

    • ●ちょっとした時間、あー暇だなー、この言葉を発した時それが最高の時間へと変化する。
      • 毎朝ホームで電車を待っているわずか2分3分の時間かもしれない。
      • 2駅から3駅ぐらいしか電車に乗らないわずかな時間でもそこに何ができるか準備しておく。

 

雑記 音声入力 奮闘記 

  • 🔴音声入力に目覚める

    • とにかく自分の時間が作れないそんな毎日の連続。
    • 気がつけば朝から晩までほぼほぼ分刻みの行動そして自分の自由になる時間がないそんな毎日。
    • 1日の中でわずかばかり発生するほんの一時。洗面所に入る瞬間。
    • 運転中ハンドルに行ってる瞬間。
    • 職場へ歩く職場まで歩いてる途中のそんな時間。
    • そこで見つけたのが音声入力と言う方法。
  • 🔴トライアンドエラー

    • 入り口は広いのだが完成度の高い物を目指そうとすると奥行きが深いそれが音声入力の面白さ。
    • トライ&エラーの繰り返しいろいろなアプリを渡り歩く。
    • 入力に関してのアプリの変遷
    • 文章を構成する要素に関してのアプリとの格闘
    • 体と直結するそんな感じを探し求める
  • 🔴ツールとの格闘

    • 音声入力基本的には音声でテキストが入力できればそれで良い。
    • 入力の部分において大切なのはその文字変換の認識率の高さ。変換率の高さ。
    • 1回あたりの入力の文字数のリズム感
    • ただただ慣れによる滑舌の良さ文節の区切り方など
    • こればっかりは繰り返し繰り返ししなければからだと音声と脳みそが結びつかない。
    • ツールとの格闘と言うよりはツール選択との格闘なのかもしれない。
    • いろいろなアプリと自分との相性そしてアプリのアップデート間隔。安定感なども加味される。
  • 🔴クリック感、サクサク感、リズム感

    • そんないろいろなアプリとの格闘の中で大切なフィーリングがわかってきた。
    • 相性と言うか、サクサク感、クリック感、リズム感そんなものがとても求められるのが音声入力
    • 自分の脳内をシェイクしてくれる自分の脳内を活性化してくれるそんなアプリと出会うと最高だ。
    • ある程度こなしてくると自分の言葉の中にリズム感が生まれてくるそのリズム感がとても心地よくさらに脳内を刺激してくれる
  • 🔴まだまだ続く

  • まだまだ理想の音声入力環境には出会っていない。
  • 自分の熟練度、修練度+アプリとの相性そしてアプリの組み合わせなどいろいろな部分に時間が要するのだろう。
  • 今現在試してる音声入力の環境。
  • 基本的にはGoogleキープを出発点としている。
  • テンプレート的なテキストを作っておいてそれをGoogleキープに貼り付ける。
  • 記事のタイトルそしてポイント3つから5つ位
  • 一つののポイントに関してのイメージできるキーワードを入力しておく。
  • そしてそれらを見ながら頭に浮かんでいることを次から次と吐き出していく。
  • 見出し的な部分の順番どの見出しの部分から話していくそんなのは自由でいいと思う。
  • 吐き出した箇条書きのテキストをストーリーに沿ってブログ記事として構成再構成していく。
  • Googleキープで全てこの構成を行ってしまいたかったのだが再構成再構築この辺がGoogleキープのインターフェースにはやや高さがあった。
  • そこで必要に迫られたのがアウトライナーWorkFlowyなどである。
  • 今まで何回か挫折した経験があるのでいまひとつ体に馴染んでいなかったアプリ涙である。
  • ただし音声入力の最終段階の部分でこれが求められると直感したので今それに挑戦中である
  • ターゲットとなり得るアプリは2つWorkFlowyとDynalistの2つだ。
  • なかなか体になじみきれない部分がある。
  • テキストを入力するだけではなくそこをどう構成していくかどう組み立てていくかの感覚的なものを体になじましていく作業が必要だ。
  • ブログを書く時間を作るそのためのツールとの格闘これは面白くもあり長く続く戦いなのかもしれない。
  • そしてこの格闘し続けることが1つのネタとしてなればそれはそれで良かれと思っている。
  • ただしこの格闘はあくまでも通過地点であり環境整備と言うだけであり自分の本来の目的は書きたいことを自動的に書けるようになるオートマティックにかけるようになる仕組み化された書き方を確立することである
  • WorkFlowyの面白いところはフォルダ分けの概念がないと言うことである。
  • タグもしくはキーワードを設定することによって縦横無尽にテキストの差し替えができるとのことである。
  • この感覚を僕としてもぜひ身に付けていきたいと思っている。

星の数ほどあるメモ帳アプリ何を使えばいいのか悩んでいませんか

 

 

 

●私もついこの間までは全く同じ状況でした

 

App Storeで検索しても山ほど出てくる

ネットで検索しても山ほど出てくる

どれもこれも一長一短そして自分に何が合ってるのかがわからない

 

①災い・トラブル発生

時間がない

アプリがありすぎ

あれやこれやといろいろなメモアプリテキストアプリを使ってみて結局情報がバラバラ散逸している

どう整理すればいいのかわからないけれど取りあえず記録に残しておきたい情報がある

いつかこの情報が必要だと思うけれどそれをどこに保存すればいいかわからない

メモがわりに写真を撮ったがその写真の場所がわからなくて困ってしまう

ライフログいわゆるジャーナル的な物をしたいと思っているが何がいいのかわからない

メモが散逸してしまってどこに書いたか分類の方法すらわからない

1つのメモに関してライフログ的な意味合いレシピ的な意味合い旅行日記的なイメージなどなど複数にまたがってしまいどう整理していいのかわからない

走り書きにしたメモからちゃんとした文章に仕上げようと思う時どう連携したらいいのかわからない



②悩んでいろいろやったけど上手くいかない

→プログラミングとか無理

→スマホで難しいことやりたくない

 

③何もできなくなる・どん底

書かない 書けない

頭の中はごちゃごちゃ机の上はごちゃごちゃ本棚本棚もごちゃごちゃプレイリストもごちゃごちゃ

そうかこれを使えばデータベースができて最高かもしれないなどと思ったが結局難しくてできない

今、話題のノーションとか機能的には便利なのだが設定項目が多すぎて結局のところを十分に活用できないそんなことの繰り返し

 

④あるものに突然・偶然出会う

Google Keep 簡単

とっかかりやすい

→ →特別な操作方法を覚える必要はほとんどありません

まずはメモを取るそして整理したくなったら整理を始める。

 

お勧めの使い方は写真を撮ってスキャンしてテキスト化することです。

よく写真をメモがわりに取る人がいますが撮った写真がどこにあるのか探して困ってる方が多くいると思います。

僕のよく使うのは料理の準備メモそしてレシピメモそして結果の写真それらを1つのメモとしてまとめますそしてそれがライフログにもなってしまいます。

何回も何回もいろいろなアプリに浮気しましたでもやっぱり戻ってきたのがこのGoogleキープだったのです

実際のところたまにですがやや重くなることもあります。

でもそれを上回る便利さシンプルさが気にいっています。

箇条書きと通常のテキスト入力を簡単に行き来ができる

チェックボックスモードにおいては行を変えるとそれが段落代わりにもなるので段落の行き来が簡単になる

アウトライナーのような複雑な事はできないが大雑把な段落分けブロックの移動等は可能

よく使うのが読書メモ

テンプレートを使うまず本のタイトルと著者名を入力しておく→ →その時ほんのアプリ「ブクログ」を使ってコピペしておくと特に超便利

そしてメモを取りたい場所を写真を撮る

そしてその写真をメモに添付させる写真を撮った直後は難しいがしばらく時間が達人写真をスキャンしてくれてテキスト化することが可能

写真にマーカーアンダーライン手書きのメモなどを添えることも可能

本の内容をテキストしてくれるので大切な部分は別途自分のメモ帳にキープすることも可能である

 

1回あたりのつぶやく分量が自分の中でリズム感として整えばそれでオッケーかもしれません。

とにかくワンフレーズワンセンテンスワンメッセージそんな感じがいいと思います。

何回も思いますがこの『改行』コマンドを口頭で言ったときのiPhoneのクリック感これがリズムを生み出してくれます。

⑤ トラブルが見事に解決できた

スマホ、パソコンで同期

今までやりたかったこと散逸していたメモを全てGoogleキープに統一できた

スマホやパソコンなどで得た情報をブックマークメモとして残すことが可能

日常生活のあらゆるものをGoogleキープに入れることによって分類整理が可能

メモをベースにテキストをGoogleドキュメントに移行することができる

⑥解決できたポイントはここだった

スマホからコンテンツコピーが楽ちん

サクッと始められる

チェックボックス機能が秀逸

写真を添付することによって今までかかっていた手間が大幅に削除される時間も短縮できる

1つのメモに対して複数のラベルを貼ることができるので分類に迷わなくて済む

  • ● < <これは別途コンテンツGoogleキープと音声入力のマッチングは最高> > ● ●
  • ● < <これは別途コンテンツ→ → Googleキープの便利な使い方はコピーにあった> > ● ●

コピー機能を使うことによってテンプレート機能としても使える

→ →僕は毎日の日記ライフログメモのためにテンプレートを使っている。

→ →コピーをテンプレート機能として使うことによって毎日の気づき発見など日記をテンプレートができモチベーションもキープしやすい。

⑦解決できたアイテム・サービスを紹介

応援・励まし・次はあなたの番です。今すぐ行動してみて

 

だから、やっぱりGoogle Keep一押し

いろいろなアプリを試しましたがGoogleが作っていると言う安心感が大きいのかもしれません。

もちろんGoogleも多くのサービスをローンチしてから止めることもありましたがまぁその時はその時で新しいメモ探しましょう。

データベース的に使うときのちょっとしたティップス→ →ラベルの前に3桁もしくは4桁の数字を振る

GoogleキープだけではないがEvernoteなどいろいろな部分で応用されている整理方法である

 営業自動車書斎化計画

①こんな方に向けての記事です

とにかく自分の自由になる時間が少ない

毎日朝から晩まで車を運転していて夢も希望もない

ラッドレースから抜け出したい

ブログを使って腹上腹収入を得たいと思っているが実際ブログを書く時間が作り出せない

仕事の朝が早いので家に帰ってからの時間が全く取れない

子育てに忙殺され子供が寝た後の一瞬の時間も眠たくて疲れて寝てしまう

前向きにブログを書く事を志した日何回も挫折している

アウトプットの大切さを認識しているが実際のところインプットするだけで精一杯

パソコンを前にすると指が止まってしまう点が進まない

いざ自分の時間をとってパソコンに向かうスマホに向かうと周りの目が気になって家族の目が気になってブログを書くことができない



②これで解決出来そう??

音声入力ができるのでパソコンに向かう必要がない

音声入力に最適な環境なのですきま時間ながらも集中できる

運転中は頭の中でキーワードを膨らまし信号待ち渋滞等の時にささっと音声入力してしまえばもう出来上がり

1日12時間しか自分の時間が取れないと思ってた人が運転してる時間もブログ書けると思えば時間がいきなり倍増いや3杯酢を4倍増人によってはする

夜自宅に帰ってからが自分の時間だと思っているとお酒を飲みたくなったら眠たくなってしまいいブログを書く気力がなくなってしまう

運転中特に午前中に関しては精神的にも肉体的にもリソースがあるのでその時間帯にブログの記事を執筆音声入力できるから

今までラジオや音楽を聴くと言うインプットしかしていなかった時間帯が音声入力をすることによってアウトプットの時間に変換される

キーボード入力フリップ入力では得られない入力文字数のスピードの速さが脳内をさらに活性させるから

慣れてくればおおよそ1時間で何千文字の入力さえ可能となる



③音声入力やばい!なぜなら

何千文字も入力できることが普通になってくると自分のモチベーションがキープできる

多くの人はブログを書く時間を探そうとして挫折してしまうが発想の転換で運転をしている時間=ブログを書く時間とイフの法則環境設定しましてしまうことによって結びつける

車運転をしようということ=さぁブログを書こうと言うことにしてしまう



④記事の要約

⑤記事を読んで得られること

まず行動を起こしてみてください。

音声入力の方法は別途こちらの記事をお読みください● ● ● ●

☢キーワード

声を出しても大丈夫

音声入力はとても便利なものなのですが大きな欠点があります。

その致命的な欠点とは音声入力が言え声を出さなければいけないのです。

スターバックスカフェで通勤電車の中で声を出すと言うのはなかなか想像しがたい状況です。

しかし車の中と言うのは閉鎖空間なのでこの大きな壁床壁が取り払うことができる素晴らしい空間だと思います。

声を出すと言う事は頭と直結していることなので脳内が活性化されて脳内のいろいろな記憶思いイメージなどが引っ張られる感覚がある

記憶するときには声を出せとよく言われますが考える時にも声を出すと言うのはとても良いことなのかもしれません。



☢キーワード

動いていると脳内活性化する

いつもと違う空間旅行などに行くと新しい発想をえたりすることがあるのではないでしょうか

目の前の景色が移り変わっていくと脳内のどこかしらが刺激されていろいろなアイディアが浮かんでくるものです。

私事ではありますが僕のお気に入りの居酒屋さんには大きな窓がありました。

大きな窓から下街の景色が見えますそこには買い物帰りの人仕事帰りの人などが生き生きしていてそんな景色を見ながらお酒を飲んでいると色々とイメージが湧いてきてとても心が癒されるのです。

目の前の景色が変化すると言う事は脳内に何らかの刺激を与えて脳内が活性化されると言う事かもしれません。

そうそう駅弁が美味しく感じるのも車窓の景色を眺めながら食べるお弁当だから駅弁がさらに美味しく感じるのかもしれません



☢キーワード

隙間時間の連続を有効活用

すきま時間の有効活用と言う事はブログ界隈では語りつくされたことかもしれませんが車の中の時間と言うのはまさにすきま時間の連続すきま時間の見本市のような場所かもしれません。

断片的なすきま時間と言うのは思考をゆっくりとした思考には向いていないと思いがちですが逆に言うと集中力が持続する時間が短いのでそれの積み重ねだと思うとアイディアが広がってくることもあるかもしれません。

☢キーワード

渋滞バンザーイ

信号待ちバンザーイ

運転中の大きなストレス長い信号待ちそして渋滞それがもしストレスだけではなくプラスの会館になったとしたらどうしましょう

僕は毎日ルート配送をしています。月曜日から金曜日までほぼ同じルートをほぼ同じ時間場合によっては隣を走っている車すれ違う車あの車今日もみたいなあの車今週もいたなぁと言うような同じ時間帯に同じ場所を走っています。

そんな生活をしているとどこで渋滞がある所で信号待ちが長いなどがすっかり体に馴染んでいます。

と言う事はここで何を入力するここで何を入力する大体何分ぐらい何秒ぐらい停車するというのが体に染み込んでいるのです。

今まではそれがストレスでしかありませんでしたが音声入力をすることによってそれが楽しみの時間えと変換されてしまったのです。

あーなんという大革命でしょうか。

信号待ち渋滞が信号待ち渋滞の時間帯がクリエイティブな時間になってくると1日の運転時間の中のいろいろな時間がいとおしくさえ感じられ始めます。

僕がよく使う時間帯はルート配送先に少し早く到着した時間帯です。

今まででしたら水分を補給したりちらっとすまほー見たりそんなこんなで1分2分を消耗していました。

ところがこの音声入力と言う大きな武器をもらった時からその時間帯が宝物のような時間帯に変わってきました。

そうですその時間こそ音声入力にうってつけの隙間時間なのです。

もブログの極意と言う本にも書いてありましたが1日の中で必ず起きる定型的な時間帯それこそブログを書くのに適している時間なのです。

ブログを作る書く時間を探さなくちゃではなくて毎日定期的にやってくる時間=ブログを書く時間と言うふうに発想転換物事をシフトさせるのです。

それによりブログを書くと言う精神的な壁みたいなものが取っ払うことができます。

 

音声入力に最適なアプリいくつか紹介● ●このコンテンツは別途作成● ●



音声入力事にとても便利な記号をどうやって入力するか。● ●このコンテンツは別途作成● ●



  • ●このコンテンツは別途作成● ● → → < <なぜ僕が音声入力の時にGoogleキープを使うのか> >

 

→ → Googleキープを使うと行を変えるときに自動的に入力が終了するそしてそのクリック感がリズムを生んでくれる。

音声入力に使うメリット

チェックボックス機能を使うことによって文章のブロックの入れ替えが簡単にできる。

1段だけだが右にずらすことによってブロックを塊とすることができる。

簡易的なアウトライナーのようなものだが深い層を作ることはできない。

ただし工夫次第によってはそれも解消することができる。

そのポイントとなるのが● ●もしくは→ →このような記号を文章入力時に最初に入力してしまうことだ。

これを行うことによって知覚的にブロック分けブロックの塊を私にすることができる。

蛇足ではあるが自分で食事を作るときレシピなど材料を分類するのによくこの手法を使ったりもします

そして何よりGoogleキープの魅力はGoogleドキュメントとの連携である。

スマホでは使えないけれどパソコン上ではGoogleキープをGoogleドキュメントに壱発で変換することが可能になっている。

もう一ついいのか裏技的に聞こえるかもしれないがチェックボックスを使うことによって行を変える状況タブを使う状況として認識されることである。

実はこれが非常にありがたい何故かと言うとアウトライナーやマインドマップにコピーして貼るときにコピペして貼り付けることによっていっぺんにアウトライナーのいやマインドマップの要素として独立させることができるからである。

Googleキープとマインドマップアウトライナーがいっぱつで連動すればもちろんそれに越した事はないが現場はこれで充分である。

ここ1 2年ノーションと言うアプリが注目を行っているがプログラミングなどに疎い自分としてはGoogleキープを使い込むことによって大方の機能を自分の使いたい部分においてはカバーできているのではないかと思う。

よく使うのがラベルの設定である。

このラベルの機能はタグ昨日と一緒で複数のキーワードを設定することによりメモを複数のカテゴリーに重複させることができるこれが非常に助かる。





運転中車の中だと何もできないと思い込むのではなく発想の転換。

 

逆転の発想で車の中なら声を出せる車の中ならプライバシーを持てると考える。

 

そこで大切になってくるのはノートパソコンもしくはスマートフォンの設置方法です。

 

ノートパソコンに関して言えば1択です。

車のハンドルに付けられるこの折りたたみ式のテーブルです。

 

ほとんどノートPC用のパソコンケースみたいなものですがこれがあるとないとでは180度イヤ540度違うかと思います。

 

ちょっとした時間にぱぱっと開いてそこでPC作業ができるというのは本当に配送ドライバーにとっては助かります。

 

これを使うことによってスマホだけでは効率が悪いやりにくい作業を行うことができ本当に助かっています。

 

車用のこの折りたたみデスクを使うに使うのはあまりやりたくないのですが食事をするのにも大変ありがたいです。

 

ちょっと恐れているのはここでカップ麺を食べると言うことです。

もしこのスープをこぼしてしまったらと思うと考えただけでぞっとしてしまいます。

 

とは言えやはり非常に便利なのでこの机を使うことによって自分の車が(会社の車ですが)、プライベート空間として一段とランクアップ格上げされました。

 

これがたったの3800円だったか4500円位で購入できるならばこれを使わない手はありません。

 

買う前はパチモノだったらどうしようなどと何回も購入をためらいましたがえいやとポチっと押してしまいその結果大正解でした。

 

音声学習でスキマ時間の有効活用

 

 

🔴この記事はこんな方にオススメです

➡最近、もっと勉強したいなぁとは思ってるけど

→ →とにかく自分の時間がない人

→ →自分の時間を確保するのに四苦八苦している人

→ →満員電車に揺られて本を開くことができない

→ →家事をしながら位しか自分の時間が取れない

→ →食器を洗う時間しか取れない

→ →手は動いてるけど耳は空いている

→ →1日中働きづめのためわざわざ本を開いたりYouTube動画を見たりする元気がない

→→読みたい本がたくさんある読みたい良質なブログの記事がたくさんある

→→毎日毎日同じ作業同じルーティーンワークをこなしている生活から抜け出したいから

→→子供にもっと素晴らしい教育環境を与えたいと思っているけれど副業をする時間がない副業の知識を得る時間がないそんな方

→→1日中ハンドルを握っていて自分の自由な時間が持てないと思い込んでいるから

→→子育てに忙しくて自分の時間がほとんど持ってない人

→学生時代ほとんど勉強していなかったけれど社会人になってからあれ〜勉強ってちょっと面白いなぁって感じ始めた人

→→今よりもっと良い生活をしたい

🔴結論!!!そんな方には音声学習がお勧めです

 

そんな方々にお勧めなのがやっぱり音声学習です。ここ数年で音声学習に関する環境が非常に整ってきています。

スマートフォンの一般化

ワイヤレスイヤホンの一般化普及

オーディオブックの普及ポットキャストの普及音声メディアVoicyなどの普及

日本中世界中それぞれの業界の専門家が最新の情報体系的な情報を音声として配信してくれているから

自分のペースで自分に合った時間帯に必要な時間だけ聞くことができるから

あたかも個人授業マンツーマンの授業のような形でとても近い感覚で生の声を聞くことによって記憶に定着しやすいから

情報収集能力とやる気歳あれば無料でダイレクトにすばらしい情報をゲットできるから



🔴なぜなら

動画メディアと違って耳から入ってくる情報に集中できる

→ながらが可能

気軽に繰り返し再生し定着するまで聞くことができる

動画を見ようとすると少し気合が必要だが音声メディアと言うのは気楽に行ける

もっとお金を儲けたいと思う人にはそれぞれの目的に合った有料コンテンツがある

もっと楽しみたいと思う人には小説などのコンテンツも豊富にある

有料のコンテンツもあるが無料のコンテンツも数多くあるので自分の経済状況に合わせてコンテンツを選択できるから

Voicy等はお気に入りのコンテンツ無料。コンテンツパーソナリティーを選びさらにもっと情報が必要な場合有料のコンテンツにを選択することができる

ポットキャストやVoicyなど多くのパーソナリティーは自分のブログもしくはTwitterなどを持っているためSNSを生かしファンとのつながりやファン同士の横のつながりを大切にしているから

パーソナリティーによってはブログと連動したり、コンテンツの台本を公開しているので耳学問の後にテキストを追従する後追いすることができる

有益だと思った情報は繰り返し聴くことにより耳から定着しやすいから

目から入る情報も大切だから大切だが耳から入る情報も脳に定着させるのには優れている

ほとんどの音声メディアプレイヤーが100パーセント通倍速1.2倍速1.5倍速など再生スピードを調整できるので時間を短縮して情報をインプットすることも可能大概の場合120パーから150%位で聴く事は難しくない

つまり1時間のコンテンツを45分から50分位で聴くことが可能になるので時間の節約も可能

 

🔴④記事の要約

🔴⑤記事を読んで得られること






朝のレゲエ | 2021 | REGGAE | All I Have Is Love

 

# TITLE ARTIST
1 Natural Mystic ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ
2 Lovin’ You Janet Kay
3 Breakfast In Bed UB40
4 Perfidia Phyllis Dillon
5 On the Beach The Paragons
6 All I Have Is Love グレゴリー・アイザック
7 Justice (Get Up, Stand Up) Nakkia Gold
8 Three Piece Suit Trinity
9 (I’m A) Loving Pauper Dobby Dobson
10 Queen Majesty The Techniques
11 Redemption Song ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ
12 The Heathen ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ
13 Virtuous Woman Warrior King
14 By His Deeds VC
15 Jah by My Side Tony Rebel

 

201025 |ロカベリー芸者|MorningNotes

ARTIST TITLE BPM
美空ひばり ロカビリー芸者 110
江利チエミ 真室川音頭(山形県民謡) 136
和田アキ子 ルンバでブンブン 130
民謡クルセイダーズ 炭坑節/Tanko Bushi 133

 

 

もっともっとたっぷり聴きたい!

 

 

DUR? リズム歌謡ベサメムーチョ
ARTISTTITLE
美空ひばりロカビリー芸者
江利チエミ真室川音頭(山形県民謡)
和田アキ子ルンバでブンブン
民謡クルセイダーズ炭坑節/Tanko Bushi
クレイジーケンバンドまっぴらロック
舟木一夫銭形平次
城 卓矢トンバで行こう
山本リンダ燃えつきそう
What’s Love?みちのくひとり旅
安西マリアゴーカート・ツイスト
五月みどりお座敷ロック
金沢明子イエロー・サブマリン音頭
弘田三枝子恋のクンビア
森繁久彌フラメンコかっぽれ
Three CatsKiiroi Sakuranbo
美空ひばりブルーマンボ
南かなこ居酒屋サンバ
Kasagi ShizukoTokyo Boogie Woogie
江利チエミOtemoyan
江利チエミPapa wa Mambo ga Osuki
當間清子歩けば頑丈
美空ひばり泣き笑いのマンボ
クレイジーケンバンドかっこいいブーガルー
雪村いづみチャチャチャは素晴らしい
桂銀淑べサメムーチョ
民謡クルセイダーズ串本節/Kushimoto Bushi
雪村いづみマンボ・バカン
こまどり姉妹こまどりサンバ 〜幸せになりました〜
殿さまキングスけい子のマンボ
金沢明子東京音頭
民謡クルセイダーズホーハイ節/Hohai Bushi
和田弘とマヒナスターズ東京の花言葉
浦島太郎 (桐谷健太)三太郎音頭
細野 晴臣 & イエロー・マジック・バンドジャパニーズ・ルンバ
井上陽水女神
奥村チヨお座敷小唄 – Live At Kyoto Belami / 1970
民謡クルセイダーズおてもやん/Otemoyan
雪村いづみチャチャチャはいかが
殿さまキングス情熱のルンバ
三田寛子恋はメレンゲ
民謡クルセイダーズ会津磐梯山/Aizubandaisan
敏いとうとハッピー&ブルー星降る街角
ヒデとロザンナ真夜中のボサ・ノバ
美空ひばり二人だけの渚
森繁久彌ソーラン節
ポチョムキンおてもやんサンバ feat.水前寺清子,
MICKY RICH & ポチョムキン
見砂直照と東京キューバン・ボーイズおてもやん
宝とも子星屑のタンゴ
民謡クルセイダーズ相撲甚句/Sumo Jinku
見砂直照と東京キューバン・ボーイズソーラン節
宝とも子裏町のお転婆レディマンボ
見砂直照と東京キューバン・ボーイズ五木の子守唄
フィンガー5バンプ天国
三波春夫チャンチキおけさ
美空ひばりふり袖小僧
美空ひばりひばりのチャチャチャ
民謡クルセイダーズ安来節/Yasugi Bushi
見砂直照と東京キューバン・ボーイズ串本節
宝とも子七つの恋
橋幸夫恋のメキシカン・ロック
見砂直照と東京キューバン・ボーイズ会津磐梯山
ザ・ピーナッツ悲しきタンゴ
美空ひばりかんざし小判
見砂直照と東京キューバン・ボーイズ日光和楽踊り
美空ひばりOmatsuri Mambo
見砂直照と東京キューバン・ボーイズ鳩間節
三波春夫Chanchiki okesa
三沢あけみ三味線ブギ
和田弘とマヒナスターズ踊ってタムレ
民謡クルセイダーズといちん節/Toichin Bushi
ザ・ピーナッツPepito
Kasagi ShizukoKaimono Boogie
民謡クルセイダーズ真室川音頭/Mamurogawa Ondo
見砂直照と東京キューバン・ボーイズよさこい節
夏木マリ愛人マンボ
民謡クルセイダーズ秋田荷方節/Akita Nikata Bushi
Kiiroi SakuranboThree Cats
佐川ミツオアイアイアイ
美空ひばりやさしい愛の歌
見砂直照と東京キューバン・ボーイズ谷茶前節
雪村いづみマンボ・イタリアーノ
生田恵子東京八木節マンボ
トニー谷さいざんす・マンボ
三沢あけみふられ上手にほれ上手
見砂直照と東京キューバン・ボーイズ鹿児島おはら節
見砂直照と東京キューバン・ボーイズちゃっきり節
山本リンダ燃えつきそう
生田恵子会津磐梯サンバ
橋幸夫ゆるキャラ音頭
弘田三枝子恋のクンビア
元ちとせ豊年節
三波春夫おまんた囃子
江利チエミ家へおいでよ
小林旭ズンドコ節
江利チエミ奴さん
江利チエミSoma bon uta
Hayashi IsaoMamurogawa boogie
雪村いづみマンボ・バカン
Tabata YoshiroMachi no dateotoko zundokobush
江利チエミおてもやん(熊本県民謡)